{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

略奪者のロジック 超集編 ―ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち― 秋嶋亮[著]

1,650円

送料についてはこちら

◇書誌データ 四六判 並製 236頁 2020年4月刊 ISBN978-4-907872-29-8 ◇内容説明 「今や我々の誰もが格子なき牢獄の捕囚者である」 この国はとてつもない不明にあるのだ。すなわち数々の弾圧法の施行と三重の植民地主義が同時進行するというディストピア的な状況が生じていながら、国民は全く理解が覚束ないのである。大センセーションを巻き起こした暗黒の箴言集が続編として7年ぶりに復活し今ここに脅威の本質を暴く。 自由貿易とは多国籍企業だけが利益を得る仕組みである(バラク・オバマ)/金融資本や独占資本にとって、政治家はただの駒なのである(羽仁五郎)/大衆社会とは、非エリートがエリートに操縦される社会である(ウィリアム・コーンハウザー)/日本の官僚は内閣を乗っ取っている。ナチスの全権委任と全く同じことが行われているのだ(小室直樹)/巨大企業と1%の富裕層の税負担を減らすために消費税増税が強行された(植草一秀)/ネオリベラル体制では国民の政治参加の機会が失われ、意思決定は多国籍企業に委ねられる(ナンシー・スノー)/日本の水道は全て民営化する! (麻生太郎)/支配者にとって大衆が知識を持つことは不都合なのである(ジョヴァンニ・ジェンティーレ/この時代を一口に言うと、白人による世界植民地制覇の時代である(清水馨八郎)/政治宣伝は客体の知的水準が下位になるほど効果を発揮する(ジェームズ・フレイザー)etc グローバリズム(多国籍資本の支配)によってディストピア化する日本を知るための必読書。 政治家、企業家、金融家、作家、学者、研究者、ジャーナリスト、ファシストたちの201の言葉(箴言)に解説を加え、今この国に生きる我々にとってどのような意味があるかを簡潔に記している。 専門用語をかみ砕いて説明しているので、難解な国際政治や金融経済が誰にでも理解できる。 1ページ読みきりの構成のため、どのページからでも読める。 ◇目次 ◇著者について 秋嶋亮(あきしまりょう)響堂雪乃より改名。 全国紙系媒体の編集長を退任し社会学作家に転向。ブログ・マガジン「独りファシズム Ver.0.3」http://alisonn.blog106.fc2.com/ を主宰し、グローバリゼーションをテーマに精力的な情報発信を続けている。主著として『独りファシズム―つまり生命は資本に翻弄され続けるのか?―』(ヒカルランド)、『略奪者のロジック―支配を構造化する210の言葉たち―』(三五館)、『終末社会学用語辞典』(共著、白馬社)、『植民地化する日本、帝国化する世界』(共著、ヒカルランド)、『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―15歳から始める生き残るための社会学』(白馬社)、『放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか』(共著、白馬社)、『北朝鮮のミサイルはなぜ日本に落ちないのか―国民は両建構造(ヤラセ)に騙されている―』(白馬社)『続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学』(白馬社)、『略奪者のロジック 超集編―ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち―』(白馬社)、『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへOUTBREAK―17歳から始める反抗者になるための社会学』(白馬社)、『無思考国家―だからニホンは滅び行く国になった―』(白馬社)などがある。

セール中のアイテム